更年期障害の症状は人それぞれ違う|日頃から予防対策をしておこう

婦人

効果のある受診

2人の女の人

更年期障害は女性であれば、必ず通るものになるので、症状が緩和されない事もあれば、一度診てもらうことが大事になります。その際、更年期障害を診てもらえる医療機関を探してみて、予約ができるようであれば、予約をしてから受診をしておくといいでしょう。

この記事を読む

更年期に起こる辛さ

看護師

更年期障害は、40代半ばから50代半ばぐらいにかけて訪れる辛い症状のことです。人によってもその程度は違いますが、めまいや動悸、精神的なイライラが目立つようになります。この症状は治療を受けていくことができるので、快適な日々が再び送れるようになれます。

この記事を読む

女性に多い不調の原因

微笑む女性

更年期障害は40〜50代の女性に多く見られます。のぼせ・イライラ・不眠などが症状としてあげられますが、あらわれ方には個人差があります。病院を受診することで更年期障害かどうか診断を受けることができます。

この記事を読む

更年期の心身の変化と対策

笑顔の女性

更年期に起こる心身の特徴

更年期とは、女性の閉経前後の時期を指し、大体45歳から55歳の時期です。この時期には、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が大きく変化(減少)し、ホルモンのバランスが乱れます。その結果、心身の両面にわたって、不快な症状が現れることがあり、これを更年期障害といいいます。症状の強さや種類は個人差が大きいのですが、一般的に多い症状は、のぼせやほてり(ホットフラッシュ)、多汗、めまい、月経異常(月経不順)、うつや不眠などがあります。他に、頭痛や耳鳴り、疲れが取れない、倦怠感、むくみなどが挙げられます。最近は、50歳前後の女性だけでなく、男性や、若い女性にも更年期障害が起こりうると報告されています。

日常生活の工夫

更年期障害の症状を軽くしたり、発症を防ぐには、日常生活でできる工夫があります。例えば、適度な有酸素運動とバランスの良い食事が挙げられます。特に、女性ホルモン様のイソフラボンが多く含まれた大豆などの摂取は効果的です。他に、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、亜鉛なども効果があります。また、ストレスが多いと更年期障害が重くなりがちなので、ストレスの解消方法を持ち、ストレスをためない環境づくりが重要です。同時に、病院に行き、医師に相談することも大切です。病院で検査を行なったのちに適切な治療を受けることができますので、辛い症状に悩んでいるならば、病院を受診してみましょう。症状に合わせて飲み薬や貼り薬、注射などの治療法があります。

Copyright© 2016 更年期障害の症状は人それぞれ違う|日頃から予防対策をしておこう All Rights Reserved.